ゲイ 出会い 研究所

【PR】 只今ログインしている会員様ご紹介

リバのゲイリーマンに優しくトロマンファックされる:前編

リバの人がウケになるとき、ボクは結構戸惑ってしまう。
タチは苦手だからだ。そういう時は兜合わせで許してもらう。
ただ、その分ボクがウケのときはトロマンにされて種付けされるのだ。

タチが出来ない人はリバの人にあまり好まれない。
だからボクもリバになれるように日々がんばっているのだが……

ゲイ 出会いサイトでタチの練習をしようとリバの人を募集したのだが
仕事帰りに汗臭い状態で掘らせてくれないか?という書き込みがあり
リバのゲイリーマンさんが居たので早速メールを出してみる。

ボクがタチ側が出来ないことを伝えると
ゲイリーマンさんはとても優しく、徐々に慣れていけば良いよと言ってくれた。
そして、ゲイリーマンさんの仕事が終わったら指定されたホテルに呼ばれる。

写メ補正で見た限りイケメンだったが、実際に会ってみるとそうでもなかった。
だが、結構好みだったので早速色コキをしてみるとゲイリーマンさんは
ボクの口に優しくキスしてくれて口マンコを舌で犯される。

ちんぐり返しをされ、ローションをたっぷりとつけられる。
指でケツマンにローションをなじませるかのようにゆっくりと出し入れする……
入れられる度に指を曲げて前立腺を刺激してくるので
そそり立った雄マラから我慢汁がたらーっとたれてボクの顔に付いた。

何度も何度もボクのケツマンに出し入れするので
既にケツマンがトロマンになってしまっていた。
ゲイリーマンさんは頃合だと言い、ボクの口マンコに雄マラをぶち込んだ。

汗臭く、イカ臭い雄マラがボクの鼻を突く。
唾液と我慢汁で既にぐちょぐちょになったゲイリーマンさんの雄マラ。
その雄マラを引き抜いてちんぐり返しの状態でトロマンにぶち込まれる……

先ほどの優しさとは裏腹に、ガン掘りしてくるゲイリーマンさん。
目の前でゆれるキャンタマとボクのケツマンで出入りしている雄マラ……
ぐちょぐちょとローションがかき混ぜられるいやらしい音。

ボクはあまりの気持ちよさに先に昇天してしまう……
だが、ゲイリーマンさんはお構いなしにボクのトロマンを
オナホールのように扱う。少し痛いがどこか気持ちいい。

さっき出したばかりなのに、前立腺を刺激されると
再び雄マラがエッフェル塔のようにそびえ立つ。
ゲイリーマンさんはボクが見る限り、遅漏だ。

なかなかイかなかったので、ボクは2度目の射精を迎えてしまった……
二度連続でトコロテンをされるのは初めてかもしれない。
やがて、ゲイリーマンさんはボクのケツマンの奥で
大量の雄汁をぶちまけ、ボクはお腹の中が凄く熱くなるのを感じた……

ゲイリーマンさんはとても満足したようで
ボクにねちっこいキスをして頭をなでてくれた。
さて、次はボクの番だ……うまくできるだろうか。

後編へ続く。

Comment (0)

関連記事

Comments are closed.


メニュー

ゲイ出会いサイト分析

ジャンル別 ゲイ体験

人気のゲイ記事

アクセスランキング

アクセスランキング

当サイトにリンクすると自動的に反映されます。

ゲイフリメサービス

ゲイメール

体験談募集

ゲイとの出会いやNHとの出会いに関する体験談を募集しております。 お気軽にご連絡ください。

  • お名前 (必須)
  • メールアドレス (必須)
  • 題名
  • メッセージ本文