ゲイ 出会い 研究所

目的別だから会える!ヤレる!

GAYがいい GAYとヤろう もう一発!
ハッテン野郎塾

セフレ ハッテン ゲイ出会い『ハッテン野郎塾』

話題の男の娘に会える
即逢いNewHalf倶楽部

話題の男の娘に会える『即逢いNewHalf倶楽部』

ゲイ親父の乳首イキプレイとは

ゲイ親父

ゲイに人気の自衛官や消防士といった職業に就いている人の中には、見かけによらず身体が敏感な人も多いようです。
私が最近出会いサイトで知り合ったイケメンもまさにそんな感じで、特に乳首イキプレイが好きなゲイ親父さんでした。

彼とのセックスは普段から発展場によく通っている自分でもなかなかに楽しめるもので、タチであればやはり敏感なウケを弄るのは楽しくて当たり前ですよね。

乳首イキは相当敏感な身体と性欲を持ち合わせていないとなかなかに実現が難しいことですが、良い出会いがあれば意外とすぐに拝めるものです。
なので日々の生活に性的な刺激と楽しさをもっと求めるのであれば、出会いに対しては常に積極的であってほしいと思います。

Comment (0)

カテゴリ:ハッテン 体験談
タグ:

消防士ゲイがくわれのんけとか

消防士

あくまで私の偏見なのですが、消防士や自衛官として日々市民生活を守るヒーローたちの中には、どうやら自然とゲイの方が多くなっているようです。
やはり男社会に埋もれて長く過ごしているとその気が生まれやすいのかは分かりませんが、消防士ゲイと最近実際に知り合ってそれを実感しました。

筋肉ムキムキの体に抱かれたいネコや、逆にそれを犯したいと考えるタチが多いのは、実際彼のような人物と出会い系で出会って遊べばよく頷けることです。

しかも自分が出会った相手はくわれのんけとしてゲイのキャリアをスタートしたそうなので、なんともゲイの世界は生々しくて面白いなぁと実感しています。
ノンケに見えてゲイとかイカニモな職業でゲイとか、いろんなゲイが世の中には居るものなので、消防士好きも筋肉が苦手な人も、とりあえず自分好みの相手を探す旅をゲイ専用SNSで始めてみてほしいと思います。

Comment (0)

カテゴリ:ガチムチ・マッチョ系 体験談
タグ:

九死に一生のノンケトコロテン体験談

ノンケトコロテン

ノンケは本質的にゲイだったとしても外見や経験がゲイよりも異性愛者っぽく初心者っぽいからノンケなのです。
だからノンケは自ら勇気を出したハッテン場とかゲイSNSとかに飛び込んで、まずはアナルセックスとかトコロテン体験とかを経験しなければならないのです。

幸い今はネットが発達しているため、これまで発展銭湯やサウナルームに出向く勇気まではなかった人でも、気軽に同性のセフレ探しができるようになってきています。
そのため興味と行動力さえあれば、今や誰でもノンケからガチゲイに転生できるし、自分のようにパイセンから掘られてトコロテン体験をすることも可能なのです。

九死に一生のノンケトコロテン体験談 の続きを読む

Comment (0)

カテゴリ:ノンケ 体験談
タグ:

ゲイ出会いサイト攻略 -目次-

ゲイの出会いサイトを攻略するということは、
日常生活の中で出会うことが難しい同性愛者のパートナーを見つけ、
今後の人生を価値のあるものにしていくということです。
貴方の望むものが手に入るのですから、少しは努力をしなければなりません。

努力といっても、ちょっとした知識を取り入れ、
後はPCを目の前にお茶をすすりながら気楽に文章を投稿したり、メールをするだけです。

ここで紹介している知識と時間さえあれば、
必ず良いパートナーと出会うことができるでしょう。
この記事を読んで下さっている方に少しだけコツをお教えします。

よろしければご一読下さい。お役に立てると思います。

攻略①
出会える相手を探す-プロフィールから性格を読み解く-
攻略②
メール前の情報収集
攻略③
メールを返信してもらうためには?
攻略④
気持ちの伝わるメールの書き方
攻略⑤
相手の心をつかむには?メールを盛り上げる為に
攻略⑥
ゲイ出会いにおけるマナーとは
攻略⑦
ゲイ出会いサイトを使ってみよう
攻略⑧
ゲイ出会いサイトの選び方
攻略⑨
無料よりも出会える有料サイトのカラクリ
攻略⑩
ゲイ出会いサイト攻略・・・最後に

おすすめゲイ出会い

ゲイ出会い

メニュー

ゲイ出会いサイト分析

ジャンル別 ゲイ体験

人気のゲイ記事

アクセスランキング

アクセスランキング

当サイトにリンクすると自動的に反映されます。

ゲイフリメサービス

ゲイメール

体験談募集

ゲイとの出会いやNHとの出会いに関する体験談を募集しております。 お気軽にご連絡ください。

  • お名前 (必須)
  • メールアドレス (必須)
  • 題名
  • メッセージ本文