ゲイ 出会い 研究所

目的別だから会える!ヤレる!

男同士のゲイ友・パートナー探し
Men's Meets

男同士のゲイ友・パートナー探し『Men's Meets』

話題の男の娘に会える
即逢いNewHalf倶楽部

話題の男の娘に会える『即逢いNewHalf倶楽部』

ゲイの出会いを求めて三千里:後編

ゲイの出会いを求めて三千里:前編はコチラ

道路工事のガチムチさん(以下Gさん)は、結構良い車に乗っていて
指定した場所にボクを迎えにきてくれました。
写メ効果があったのか、顔はそれほどでもなかったが結構ボクの好みだ。

考えてみたら、男同士でラブホテルに入れるのかという疑問が浮いた。
その事を聞いてみると、ゲイ専用のラブホテルがあるとの事で
そこに連れて行かされた

部屋に入るなり、シャワーを浴びたかったのだが
Gさんは巨漢のボクをベッドに押し倒しキスをしてきたのだ。
とてもやさしいキスで、ボクも自然と舌を絡ませるようになっていた。

徐々に首、鎖骨、胸、お腹とキスをされ
ズボンのチャックを開けられてボクのギンギンになったナウい息子を露にした。

ゲイの出会いを求めて三千里:後編 の続きを読む

Comment (1)

ゲイの出会いを求めて三千里:前編

電気工事の仕事を始めて6年になるが
仕事場にゲイが居ないので欲求不満だ。
ボクの上司がガチムチタイプで凄く好みなのだが
あいにくゲイではなくノンケなのだ……

それに奥さんが凄く美人で可愛い人だから
なおさら同性愛になんて興味がないのがショックだ。
奥さんを陥れて奪ってやろうと考えたが、そうそううまくいかない。
というかそんなことしたらクビなってしまう。流石にそれはいやだ。

毎晩、上司に犯される妄想をしてオナニーをしているが
アナルに綿棒を挿して前立腺を刺激するだけのアナニーじゃ物足りない。
イケマラでガンガン突いて欲しい……そして種付けされたい。

ハッテン場に行こうとも思った事はあるが、そういうところは
性感染症が多そうだし、なんだか怖くていけない。
それに周りにあまり知られたくないからこそ、秘密裏にゲイセックスしたい。

ゲイの出会いを求めて三千里:前編 の続きを読む

Comment (0)

ボクがゲイに目覚めたきっかけ

ボクがゲイに目覚めたのは、高校の頃だった。
当時家庭の問題で高校に合格したが、1年間不登校になり
引きこもってゲームばかりしていた。

1年間引きこもって、10キロも太り人生がどうでもよくなっていたけど
実家でも働かなきゃやっていけない状態になってきたので
バイトをするが根性もないので長く続かなかった……

流石に中卒ではまともに就職できる所がほとんどないので
友人の親の進めで定時制高校に通う事になった。
定時制といえば苦学生・不良(いわゆるDQN)
それと、昔学校に通えなかった人達が集まってくる。

ボクが入った定時制高校は電気科で男しか居なかった。
年配の方や自分の親の年齢ぐらいの人が居るのかなと
内心、心配してたけど意外にも生徒の9割が1つ年下だった。

ボクがゲイに目覚めたきっかけ の続きを読む

Comment (0)

76 / 76« 先頭...102030...7273747576

ゲイ出会いサイト攻略 -目次-

ゲイの出会いサイトを攻略するということは、
日常生活の中で出会うことが難しい同性愛者のパートナーを見つけ、
今後の人生を価値のあるものにしていくということです。
貴方の望むものが手に入るのですから、少しは努力をしなければなりません。

努力といっても、ちょっとした知識を取り入れ、
後はPCを目の前にお茶をすすりながら気楽に文章を投稿したり、メールをするだけです。

ここで紹介している知識と時間さえあれば、
必ず良いパートナーと出会うことができるでしょう。
この記事を読んで下さっている方に少しだけコツをお教えします。

よろしければご一読下さい。お役に立てると思います。

攻略①
出会える相手を探す-プロフィールから性格を読み解く-
攻略②
メール前の情報収集
攻略③
メールを返信してもらうためには?
攻略④
気持ちの伝わるメールの書き方
攻略⑤
相手の心をつかむには?メールを盛り上げる為に
攻略⑥
ゲイ出会いにおけるマナーとは
攻略⑦
ゲイ出会いサイトを使ってみよう
攻略⑧
ゲイ出会いサイトの選び方
攻略⑨
無料よりも出会える有料サイトのカラクリ
攻略⑩
ゲイ出会いサイト攻略・・・最後に

おすすめゲイ出会い

ゲイ出会い

メニュー

ゲイ出会いサイト分析

ジャンル別 ゲイ体験

人気のゲイ記事

アクセスランキング

アクセスランキング

当サイトにリンクすると自動的に反映されます。

ゲイフリメサービス

ゲイメール

体験談募集

ゲイとの出会いやNHとの出会いに関する体験談を募集しております。 お気軽にご連絡ください。

  • お名前 (必須)
  • メールアドレス (必須)
  • 題名
  • メッセージ本文